電気焼き肉ロースター、グリラー、業務用ホットプレートの製造・メンテナンス《株式会社峰松電機》

 
  • ホーム  > 
  • プロデナ・グリラー
 

強火の遠火

強火の遠火
 
昔から焼き物は、炭火の置き火に限るといわれてきました。それも炭問屋・中屋左衛門のがピカイチと…。その基本は“強火の遠火”。表面はパリッと中身はジューシーに仕上がります。しかし、程よい火加減を保つには熟練を要します。
 

ミネヒーター

ミネヒーター
 
峰松50年の技術が生んだ電気グリラーは、炭火と同じ遠赤外線を発生するヒーターを採用。芯まで火がよく通り、ふんわり焼けてきれいな焼色に仕上がります。操作はスイッチ1つ。いたって簡単です。
 

特長

特長
 
自信の焼き・簡単操作
炭の置き火の研究から生まれた長波長遠赤外線ヒーターで水分を奪わず、ふっくら芯まで焼き上げます。(外はパリッと中はジューシーに、色はこんがりキツネ色)
焼きムラなく安定した焼き上がりですので火力調整は付いていません(オプションで付ける事もできます)。操作はON-OFFまたはHI-LOスイッチのみの簡単操作です。
 
低燃費・煙が少ない
熱効率が抜群によく、電気ロスがほとんどないため他の電気式やガス式に比べ低燃費。
肉汁やタレは高温のヒーターが弾くので煙が出にくく、放熱も少ないので周囲が熱くなりません。
 
耐久性抜群・シンプル構造
シンプル構造で故障が少なく、耐久性も抜群。中には40年近く活躍しているものもあります。
消耗部品はヒーター、碍子、端子板の3点のみ。交換はユーザーの方がご自分でできるようになっています。
<<株式会社峰松電機>> 〒811-1204 福岡県那珂川市片縄東1-17-3 TEL:092-951-8800 FAX:092-951-8801